Top > 水虫ができる場所

水虫ができる場所

水虫ができる場所と言えば、すぐに思い浮かぶのは足の裏や足の指の間でしょう。確かに、靴を履いて蒸れやすい足は一番水虫が多く発症する部位ですが、水虫は足だけではなくいろいろな場所に発症します。

水虫は白癬菌というカビが原因で起こる感染症で、体中どの部位にも感染を起こします。白癬菌は高温多湿な場所を好むため、蒸れやすい靴の中に発症することが多くそれに伴って足の爪にまで水虫の感染が及ぶことがあります。

爪に起こった水虫を爪白癬といいます。爪にできてしまった水虫は外用薬だけでは治療が難しいため、内服薬と併用しての治療が行なわれます。

その他にも蒸れやすい股間に起こる股部白癬(インキンタムシ)、体にできる体部白癬(ゼニタムシ)、頭部にできる頭部白癬(シラクモ)、手にできる手白癬なども呼び方が違うだけで、足にできる水虫と同じ仲間です。

水虫の菌は体のケラチンを栄養源として増殖を繰り返しているため、高温多湿といった白癬菌にとって住みやすい環境があればどこにでも発症することがあるのです。

一度、水虫にかかってしまうと自然に治癒するということはほぼ期待できないのが現実ですが、今では薬の進歩のおかげで的確な治療を行なえば、水虫は完治することのできる病気になりました。

 

 冷え性  資格  半身浴の方法  半身浴の効果・効能
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
水虫の治療薬と塗り方(2009年7月22日)
水虫の症状(2009年7月22日)
水虫ができる場所(2009年7月22日)
水虫の原因(2009年7月22日)